ブログ

映画『カジノ』は実話に基づいている?

映画『カジノ』は実話に基づいている?

映画『カジノ』は、カジノを舞台とする最高のハリウッド映画の一つとして名を馳せました。カジノ業界でも評価された映画です。カジノで働く人々やカジノのオペレーター、経営者たちの現実のライフスタイルを描いています。この映画『カジノ』は1995年に公開されました。主役はロバート・デニーロとシャロン・ストーン、監督がマーティン・スコセッシです。

この映画はエンターテイメントとしてドラマチックな話の展開が楽しめます。フレモントカジノ、スターダストカジノ、ハシエンダカジノなどの有名カジノのマネージャーを務めた、フランク・ローゼンタールの実話にも基づいています。フランク・ローゼンタールがこれらのカジノを運営していた当時にラスベガスで暮らしていたことがある人なら、この映画のあら筋が彼の逸話に基づいているということをご存知でしょう。以下に映画『カジノ』が実話に基づいていることを示す事実をご紹介しましょう。

主要な登場人物は実在していた

この映画のすべての主要登場人物は実在した人々です。さらに、映画の中で使われている名前も、実際の人々の名前に似たものが使われています。サム・「エース」・ロゼンタールは、フランク・ローゼンタール、ジンジャー・マッキーナは、ジェリー・マクギーで、ニッキー・サントロはアンソニー・スピロトロ、フィリップ・グリーンはアレン・グリックのことです。これらすべての登場人物は実在した人々を基にした役柄となっています。1970年代と1980年代に、実際に類似した事件が起きています。

ローゼンタールはカジノライセンスを所有していなかった 

ローゼンタールはカジノライセンスを所有していなかった

ローゼンタールは3つの大規模カジノを経営していたものの、実は生涯カジノライセンスを所有していませんでした。映画にあるように、彼は組織的犯罪に関与しており、そのためにライセンスの取得が困難だったのです。彼の仲間は彼が真の正体を隠しながらカジノで極力目立たずに仕事が続けられるように手を貸しました。彼はカジノを切り盛りしながら、常に別の仕事もしていました。例えば、エンターテイメントの監督、飲食部門のマネージャー、時にはベルボーイをすることもありました。

ローゼンタールは車の爆破事件からも生き延びていた

車の爆破事件は、話を盛り上げるために映画に加えられたのだと思う人もいるかもしれませんが、実はこれも実際にあった事件なのです。ローゼンタールは実生活で車の爆破計画をかいくぐりました。彼は運転席の下に設置されていた金属安定板のおかげで、命拾いしました。

カジノの元重役は追われていた

この映画の中では多くの殺人が起こりますが、そのいくつかは実際にあったことだと言われています。例えば、あるコスタリカのカジノの元重役が殺害されました。これはコスタリカで起きた最もよく知られている殺人事件の一つです。この映画にそのシーンが出てきますが、実際に起きたことだとわかるまでは、単なる映画の盛り上げ場面の一つに思えるかもしれませんね。